サイトマップ

はじめに-食の安全・食と健康のために



食の安全情報缶 ジーライブは、金沢を中心に活動する非営利の市民グループです。消費者の視点に立って、食品の市場調査や食品添加物や遺伝子組み換え食品などの情報をHPで発信し、「食の安全」を目指して活動しています。

 私たちはスーパーやコンビニなどで、野菜・魚などの生鮮食品はもとより、加工食品、調味料、果物、お菓子など沢山の食料品を毎日のように買っています。国内の食料自給率低下の中で、アメリカや中国など海外からの輸入食品も沢山店頭に並んでいます。オーストラリア産の「牛肉」、アメリカ産の「豚肉」、中国やベトナム産の「えび」、ノルウエー産の「さば」、カリフォルニアや南アフリカ産の「グレープフルーツ・レモン」、中国産の「冷凍ほうれん草、生しいたけ、たけのこ、山菜類」など枚挙にいとまがありません。私たちは、そのような輸入食品も購入し消費しています。また、輸入食品がなければ、私たちの食生活が成り立たないのが現状です。私たちが消費する食料の実に60%(カロリーベース)が輸入品であるといわれています。
それとともに、産地偽装問題、輸入野菜や果物の残留農薬問題、BSEの発生による米国産牛肉の輸入禁止、鳥インフルエンザ、ダイオキシンなどの環境ホルモン、食品添加物、遺伝子組み換え食品など私たちの食を脅かすさまざまの問題が余りにも多く、消費者の食の安全についての関心は高まるばかりです。
そこで、毎日食べている食品について安全なものを選ぶための正しい情報や知識が必要になりますが、その種の情報が一般消費者に正確に伝わっていないのが現状です。ここでは、特に「食品添加物」と「遺伝子組み換え食品」について、食品を選ぶ消費者の立場にたって分かり易く解説します。毎日の食品選びに是非参考にして下さい。
加工食品にはさまざまな添加物が使われています。国内で生産される食品添加物の量は年間約50万トン、私たち日本人は平均一日約11g一年間で約4kg食品添加物を摂ることになるといわれています。余りにも多い量に驚くと同時に、こんなに大量の添加物が体の中に入って大丈夫なのか、健康への不安が大変心配されます。食品添加物は、私たちの体にほとんど必要のないものであり、生産者の都合で加工食品に添加されているものがほとんどです。その摂取量を減らす工夫と同時に発ガン性、変異原性やアレルギー性の疑いのある不安な添加物を含んだ加工食品は避けなければなりません。具体的にそれぞれの加工食品の表示を見ながら、食品の添加物を説明します。
小麦の90%、大豆の95%、とうもろこしのほぼ100%をはじめ沢山の農産物が輸入されています。最近、日本では栽培が認められていない遺伝子組み換え食品が、アメリカなどから輸入されています。
不安のある遺伝子組み換え食品が輸入されているのが現状です。遺伝子組み換え食品についても具体的に個々の食品を見ながら分かり易く解説していきます。


リンク:遺伝子組み換え食品とは(山形大学)


ジーライブ
 代 表  前 正篤


プロフィール


ジーライブ(G-LIVE)とは?
「GOOD&LIVE」のことで、「快適で生き生きとした」という意味です。新鮮な地物の野菜や魚、肉などをメインにしたバランスのよい食生活と適度な運動が、「快適で生き生きとした」生活の源であるという考え方です。地産地消、身土不二がコンセプトです。
不安な食品添加物を使った加工食品、遺伝子組み換え作物の入っている食品、残留農薬(ポストハーベスト含む)の不安のある輸入農産物や輸入果実などは、出来るだけ控えることを提案しています。
活 動 目 標
「食の安全」についての市場調査、情報収集とHPなどによる情報発信、講演会等の開催。「食の安全情報缶」は、ジーライブが運営するHPです。
金沢市内には、江戸時代から続く市民の台所、近江町市場があり、新鮮な地物の魚や野菜が豊富にあります。しかし、一方で日本の全国の地方都市と同じように、スーパーやコンビニも沢山あります。毎日の食生活の中で、「食の安全」に関心のある人たちが集まって、食品マーケットを調査・チェックしながら活動しています。

もう一つの活動は、その実践活動として、世界農業遺産に認定された能登の里山で、平成26年度より、安全・安心なお米の生産とネット販売を始めました。
組      織
金沢市を中心に活動する非営利の市民グループです。金沢市は、人口45万人の地方の中核都市です。その中で、活動するボランティア・グループです。

産直能登屋は、安全・安心なお米の生産と販売をするための組織で、石川県輪島市に、その本部があります。
代      表
    前 正篤
メールアドレス
    abc@g-live.jp


参考資料・文献


TOPICS-食の安全、食と健康
朝日新聞、毎日新聞、北国新聞(石川県)、テレビのニュースなどから、「食の安全・食と健康」についての記事を抜粋。日付は、新聞に書かれた掲載日、報道された月日。
安全な食品の選び方-食品表示の実例
各々の食品(65品目)の「実例中の食品添加物」、「実例外で見かける食品添加物」は、スーパーやコンビニから買い求めた約900点の食品の原材料表示から得られた最新のデータをまとめたものです。
食品添加物の不安度は、「食品添加物一覧表」のデータに基づいています。
商品の安心度は、下記の資料を参考にしました。
  「食品表示の見方・生かし方」(著者増尾 清)
  「食べてはいけない-危険な食品添加物」(著者堺 英一郎)など
食品添加物一覧表
「食品・化粧品は安全か 添加物のQ&A」(著者西岡 一)
「食品添加物危険度一覧表」(食品と暮らしの安全基金)
「食品添加物便覧<指定品目>」(食品と科学社)
「食品添加物事典(総合食品安全事典編集委員会)
「食品表示の見方・生かし方」(著者増尾 清)など
厚生労働省の外郭団体「日本食品科学研究振興財団」のHP
厚生労働省の外郭団体「食品安全委員会」のHP
その他「食品添加物」に関するHPなど
以上の文献などを参考にして、食品添加物の不安度をランク付けする。
食品表示の見方
厚生労働省:食品安全情報など」のHP
厚生労働省の外郭団体「食品安全委員会」のHP
「食品表示の見方・生かし方」(著者増尾 清)など
食の安全問題
「病気にならない生き方」(著者新谷 弘実)
「食品の裏側」(著者安部 司)
「食品・化粧品は安全か 添加物のQ&A」(著者西岡 一)
「キレない子どもを作る食事と食べ方」(著者今村 光一)
「食の堕落と日本人」(著者小泉 武夫)
「環境ホルモン入門」(著者立花 隆)
「環境ホルモン-きちんと理解したい人のために」(著者筏 義人)
「GMO」(著者服部 真澄)
「悪魔の種子」(著者内田 康夫)
朝日新聞、毎日新聞、北国新聞(石川県)、テレビのニュースなど
厚生労働省:食品安全情報など」のHP
農林水産省:消費など」のHP
環境省:保健・化学物質対策など」のHP
厚生労働省の外郭団体「食品安全委員会」のHP
東京都健康安全研究センター」のHP
その他「食の安全」関するHPなど

食品衛生法関連

法庫」のHPから食品衛生法・食品安全基本法の条文を入手し、編集し直した。




食の安全情報缶