植物性乳酸菌

サイトマップ




植物性乳酸菌とは
乳酸菌










 
糖類を食べて乳酸を作る微生物の総称で、その種類は約200種類といわれています。
自然界に広く分布している微生物で、例えばキャベツなどの野菜にはもともと乳酸菌が付着している他、空気中にもある種の乳酸菌が漂っています。
さまざまな食品が偶然、自然界に生息している乳酸菌によって乳酸発酵することが発見され、チーズ・ヨーグルト・乳酸飲料・漬物などの発酵食品が作られるようになったのです。"乳"という言葉が入っているため、乳製品のみに含まれるものと思いがちですが実は植物性の食品にもたくさんの乳酸菌が含まれています。

最近、製品化されている商品としては、吉永小百合がコマーシャルにでている「植物性乳酸菌ラブレ」(カゴメ)が植物性乳酸菌から出来ています。この乳酸菌は、京都の漬け物「すぐき」から採っているとのことです。


-乳酸菌の生息場所とその環境-
    植物性乳酸菌 動物性乳酸菌
どこに? 植物に由来する全て ミルク
どんな糖と関係している? ブドウ糖、果糖、ショ糖、麦芽糖など 乳糖のみ
糖の濃度は影響する? 濃度はまちまちでも生息できる 一定
栄養状態は影響する? 栄養が豊富でない所やバランスが悪い所でも生息できる 栄養が豊富でバランスがよい所
ほかの微生物と共存できる? さまざまな微生物と共存できる おおむね単独
食塩も影響する? 高濃度でも生息できる 生息できない
「植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の比較」岡田早苗(東京農業大学)調べより

上の表から植物性乳酸菌について分かること
1.植物性乳酸菌は、日常的に摂取する全ての野菜(大根、きゅうり、なす、にんじん、キャベツなど)に付着して生息している。
2.植物性乳酸菌は、植物に含まれるブドウ糖、果糖、ショ糖、麦芽糖などに幅広く働いて、乳酸発酵を促し、発酵食品を作る
3.植物性乳酸菌は、糖の濃度、栄養状態、食塩などの過酷な環境でも生き抜き、ほかの微生物とも共存できる

植物性乳酸菌の特徴
●動物性乳酸菌にも生きて腸まで届く乳酸菌がありますが、植物性乳酸菌は、胃酸のなかでも生き抜き、腸の奥まで生きたまま届くことができます
●酸やアルカリにも強く、動物性乳酸菌よりも、より過酷な環境でも生息できるものがほとんどです。
●乳酸菌が腸に届くと、腸内に住みつく"善玉菌"であるビフィズス菌を増やして大腸菌などの悪玉菌を退治します。
●漬け物など野菜を利用した植物性乳酸菌食品は、食物繊維を多く摂取できるメリットがあります。漬け込むことで野菜の水分が抜け、サラダなどで食べるより一度にたくさんの野菜が摂れるからです。

植物性乳酸菌を含む食品
漬け物−すぐき、しば漬け、野沢菜など酸味のある漬け物、タクアン、野菜のぬか漬け、キムチ、ザーサイなど。
味噌−みそ汁のように沸騰させると植物性乳酸菌は死滅する。

 腸内の植物性乳酸菌が増えると?
<便秘や下痢、食中毒の予防 >
●乳酸菌によって作られる乳酸や酢酸が、腸の蠕動運動を促すため、便秘を予防してくれる。
●善玉菌の勢いが増すために悪玉菌の関与する細菌性の下痢が抑えられ、食中毒なども予防できる。

<血中コレステロール上昇や高血圧を抑える>
●腸内に入るコレステロールの半分以上を、腸壁から吸収されにくい「コプロスタノール」という物質に変えてくれる。
●特に乳酸桿菌には、血圧を下げる作用もあります。

<風邪の予防、ガンを予防・抑制する>
●腸には、異物の侵入を抑えて体を守る免疫機能が備わっていますが、乳酸菌にはこの免疫機能を活性化させる働きがあります。
●(ナチュラルキラー)細胞など、異物に対して中心となって闘う免疫細胞を活性化させるため、ガンを予防・抑制したり、風邪などの感染症を未然に防ぎ、回復を早める効果がある。

<食物アレルギーの予防 >
●乳酸菌は免疫機能を正しく機能させ、異物と体に必要な栄養分との違いを正しく認識できるように働きます。そのため、異物と間違えて食物を攻撃してしまう過剰なアレルギー反応を抑えることができます。





食の安全情報缶