サイトマップ

ブルーベリー「目にいい」実証

アントシアニン、緑内障に効果岐阜薬科大学、原教授
ブルーベリーの実に豊富に含まれる主成分アントシアニンに、目の網膜にある血管や神経の細胞を保護する作用があることを、岐阜薬科大の原英彰教授(薬効解析学)が突き止めた。俗に「ブルーベリーは目にいい」と言われてきたが、動物実験などで実証したのは初めてという。
原教授が検証したのは、網膜に新しい血管が次々と出来て視力を低下させる糖尿病網膜症と、老化や紫外線といった「酸化ストレス」で悪化するとされる緑内障への効果。
実験では、ヒトの血管細胞に血管を増やす物質を加え、血管の数を2.5倍に増殖させて擬似的に糖尿病網膜症の状態を作った。これにアントシアニンを加えたところ、血管の増殖が抑えられ、マウスの網膜を使った実験でも同様の結果が得られたと言う。
また、ラットの網膜神経細胞に酸化ストレスを物質を加え、細胞の4割を死滅させた上でアントシアニンを加えると、それ以上の細胞の死滅を防ぐことができたと言う。
原教授は「アントシアニンにある非常に強い抗酸化作用が関係していると考えられる。ただ、ブルーベリーを果物として食べるだけでは足りないので、サプリメントなどで効率よく摂取するのがよいだろう」と指摘している。
慶応大医学部眼科学教室の坪田一男教授の話 アントシアニンが、細胞や動物の体の中で、一部の病的刺激に対して保護的に作用すると言うことを示した画期的な報告。今後はメカニズムの解析や人体での作用など一層の研究が期待される。



カプサイシン+イソフラボンに発毛効果

男性9割に発毛効果−名古屋市立大大学院実験結果
頭髪に悩む男性に朗報。名古屋市立大大学院医学研究科のグループが、新しい発毛法の実験をした結果、脱毛症の9割の男性に効果があった。トウガラシなどに含まれる成分「カプサイシン」と豆腐などに含有される「イソフラボン」とともに、男性ホルモンの作用を抑える薬品を服用させたところ、発毛に大きな効果が見られた。
グループは岡嶋研二教授、原田直明准教授ら。遺伝や男性ホルモンの影響による男性型脱毛症の二十二人に6ヶ月間、カプサイシン6mgとイソフラボン75mgと同時に、男性型脱毛症の治療に使われるプロペシア1mgを服用してもらった。二十人で薄毛部分に発毛が見られた。このうち十二人は薄毛部分の七~八割に一目で毛が増え始めたことが分かった。
グループは、これまでの研究で、カプサイシンとイソフラボンを五ヶ月間取り続けると、体内で「IGF−I」と呼ばれるタンパク質が増え、髪のもととなる毛母細胞を刺激。薄毛男性の75%に発毛効果があることを実証していた。
一方、プロペシアによる治療は、人によって効果が分かれ、これまでの研究では、一年間投与しても効果があるのは58%だった。
岡嶋教授らは既にカプサイシンとイソフラボンのサプリメントを開発。飲用していた男性が、たまたまプロペシアを飲み始めたところ著しい効果が認められたため、実験を始めた。
2003年、カナダの研究者により「プロペシアは毛根に毛母細胞を活性化させるIGF−Iが増えていないと効果がない」とする研究があり、岡嶋教授らがIGF−Iの研究と組み合わせることで発毛効果を実証した。
岡嶋教授は、「食品成分と薬の併用で男性型脱毛症がほぼ完治する時代になる」としている。



ワサビで記憶力アップ

ワサビの辛み成分が脳の神経細胞の再生を促し、記憶力や学習能力を改善させる。人の認知症予防にもつながると期待される。こんな効果を名古屋市立大学大学院医学研究科の岡島研二教授と原田直明准教授が、マウスを使った実験で突き止めた。
岡島教授らはこれまで、人の胃や腸の知覚神経がトウガラシの辛みや熱さ痛みの刺激を受けると、全身の細胞の増殖を促進するタンパク質「インスリン様成長因子-I(IGF-1)」が多く作られ、認知機能が改善されることを解明していた。今回は、ワサビでも同じメカニズムが働くかどうかを調べた。
実験はワサビの辛み成分「6MSからし油」をマウスの餌に混ぜ、4週間食べさせた。記憶や学習機能にかかわる脳の海馬でIGF-1の濃度を調べてたところ、濃度が2-2.5倍に増加。増殖した海馬の細胞数も通常の2-3倍に増えていた。
水を張ったプールでマウスを泳がせて浅瀬を見つけるまでの時間を比べ、ワサビを与えたマウスは初日の80秒が5日目で30秒に短縮。与えていないマウスは5日目でも60秒かかり、浅瀬の場所を覚える能力の向上が見られた。
一度に大量のワサビを食べると体調を崩すこともあるが、岡島教授は「計算では、人間も一日にワサビ12.5g(刺身に添えるときの5人分)を食べれば、同程度の効果が出るはず。脳だけでなく全身で細胞の再生が促進され、認知症以外にも血管拡張や骨密度強化など多彩な効果がある」と話している。さらにワサビには、発ガン抑制効果があることは以前から知られているが、皆さんご存じですか。
ただ毎日5人分のワサビを食べれるかどうかが問題だ。ワサビの辛み成分のサプリメントでもあれば話は別だが。
またカレーの成分にも、記憶力アップ、痴呆に効果があるという。金沢大学の研究グループで、明らかになった。カレーをよく食べるインド人には、痴呆の人が少ないというデータもある。



レモン果汁に防かび剤

 当HPにおいて、輸入レモンやグレープフルーツなどに使われている収穫後防カビ剤(ポストハーベスト)「OPP,TBS,イマザリルなど」の遺伝子損傷性、変異原性、染色体異常、発ガン性の危険性を指摘し、健康への不安があることを訴えてきた。(不安な食品・輸入果物
 公正取引委員会は2008年12月5日、景表法に基づく排除命令を株式会社ポッカコーポレーションに出した。排除命令の内容は、同社が販売した「300mlポッカレモン100」「450mlポッカレモン100」「600mlポッカ焼酎用レモン」「1Lポッカ業務用レモン パルプリッチ 」の計4品において、表示が事実と異なり、該当製品の内容について一般の消費者に対し実際のものよりも著しく優良であるとの誤認(優良誤認)を招くとするものである。同社は、原料となるレモン生果において「レモンを収穫後すぐに搾汁するので、収穫後防カビ剤(ポストハーエスト)は使用しておりません」とパッケージ表示を行っていたが、実際には防カビ剤イマザリルが原料果汁に含まれており、表示内容が適正でないと判断された。
排除命令を受けて、新パッケージ表示は「原料果汁の安全性は公的機関、及び自社にて検査。国の基準に適合した原料のみを使用しています」となっているが、収穫後防カビ剤(ポストハーベスト)の文字を削除しただけのことで、国の基準に適合していることを根拠に中身は収穫後防カビ剤(ポストハーベスト)入りなのである。
このような経緯を振り返ってみると、最初は、収穫後防カビ剤(ポストハーベスト)イマザリル入りのポッカレモンはでは健康への不安から消費者は買わないので、「それが入っていない」と嘘の表示をして販売し、それがばれたら「国の基準に適合した原料のみを使用」と表示をしてそれが入っていることを隠しているだけのことである。輸入果物の例のように「イマザリル入り」と表示をすべきである。表示が適正でないことを認めただけのことで中身は今までと全く同じなので、結局このような危険なごまかし商品は買わないことだ。
 ポッカレモンといえば、消費者問題史に残る「ポッカレモン事件」を思い出す人は多いであろう。40年ほど前の1967年5月31日に公取委はポッカレモン株式会社に排除命令を出している。「ポッカレモン」には「新鮮なレモンのビン詰」、「飲むレモン」、「手軽に使えるレモン以上のレモン」といったうたい文句で、いかにも天然レモン果汁であるかのような表示がなされていたが、実際にはクエン酸などを使ったいわゆる「合成レモン」であった。  ポッカコーポレーションは現在、当該品を持っている消費者には返金等の対応をするとしているが、すでに商品を使ってしまった消費者には何もしないという。不当表示で得た利益を吐き出させる法的仕組みが必要である。






食の安全情報缶